夫婦の家族の話 伯父さんの存在感 - 夫婦のブログ ピコ生活

夫婦のブログ ピコ生活 ホーム » スポンサー広告 » 夫婦の家族 » 夫婦の家族の話 伯父さんの存在感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦の家族の話 伯父さんの存在感

夫婦の家族の話

夫の伯父







先日、亡くなった伯父さんの仏壇に、線香あげに行きました。



家からは遠くて、仕事が忙しく、

決まった命日にも行けなくて、かれこれ1年以上たっていた。

でも、生涯忘れることのない一人




たくさんの思い出や影響のある伯父さん。





大きくて、人のことを先に考える人で

優しくて、いつも笑顔で

でも、大事なときには、厳しくて、真の通った人だった。

子どもの時、お年玉もたくさんくれたしね(笑)




辛口で、面白くて、よくガキの時分にあしらわれて(笑)

いつか、口で負かしてやりたかった(笑)

そして、

大人になった僕の、大人への最初の冗談も、はじめて言えた人だったかもしれない。










伯父さんは、肺がんだった。

もういない。

あっというまだった





亡くなる少し前に会いに行けた。



酸素の吸入器付けて

話すのも辛そうだった。

がりがりに痩せて

あんなにボワボワの髪の毛もすっかり抜けて、別人のようだった。

伯父さん、あれには、おいらも帰りの車で泣けてきたよ。



でも、辛口、憎まれ口は健在だった。



タバコも吸ってた。


正直、それにはもう、笑うしかなった。

伯父さんらしい。



最後まで

完璧に伯父さんらしかった。




やってほしくないし、自分でも絶対やらないことだけど

いろんな意味で敬服したよ。




きっと

特別なことは特にしていなかった伯父さん。

だけど、かっこいいことと、かっこ悪いことをしっかりと分けていた。

妹の息子を、自分の息子のように、厳しくも、可愛がってくれた。

世の中のほとんどの人々には、どんなことなのか知られもしないこと。

だけど、僕にとっては十分だ。

伯父さんのことは忘れないな。





伯父さんが伯父さんらしく居続けた事。

伯父さんに会えて多くの感じ取ったもの。

僕は誇りに思う。





そして、また、どこかで会おうって、想っている。


また、どこかでね。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pikolabo.blog113.fc2.com/tb.php/757-1258bded

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。