街の人たち  夫婦の - 夫婦のブログ ピコ生活

夫婦のブログ ピコ生活 ホーム » スポンサー広告 » 夫婦とお友達・友人・知人 » 街の人たち  夫婦の

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の人たち  夫婦の

スケートボード バンク


はじめは、嫁の思いつき&リハビリではじめたスケボー。

だから、近所のスポーツショップで安いボードを買ってきた。

続けられるか、わかんないからね。



だけど、クリエイティブな創造、特に体を使うことは、

いつも達成感があってたまらない。




こういうことには『はまって』、本気でやりだすし

楽しいの最上を目指してしまう。



でも、スケボーって、本当に難しい。。。

誰かに教えてもらうこともなくはじめると

道具も、基本の技の名前も、ブランドも知らないで

とにかく手探り。。。

30超えると、特にバランス系には弱いような気がする。

だから、詳しい、熱い先生がほしいなぁなんて考えてて、、、



でも、関係無しに、夢中になって、ぎゃーぎゃー騒ぎながら楽しんでる。








4,5日たったある日、

二人で椅子を出してくつろぎながら、いつものように練習していると



まず、

4,50くらいのおっさんが、気温15度位の肌寒い日に

軍手に(寒いのか?)、Tシャツいっちょうで(熱いんかい!?)、

こちらをチラ見しながら、すーーっと、スケボーで通り過ぎていく・・・

また、戻ってきて、チラ見して、通り過ぎていく・・・

話しかける感じはないようだ

・・・なんなんだ?!・・・




この辺にはもう、5年くらいは住んでるけど、スケボーやってる人なんて見たこと無かったのに・・・たしかに、やってないと目に入らないものもあるかもしれないけど・・・1回も見た記憶ないんですけど・・・







次の日には、中学生くらいの『フルジャージ隊(全員上下ジャージ)』の

女の子3人組がでかい声で、

『たのしいですか~??!!!』と、やってくる。

スケボーやったことある!っていうから、先生になんないかと期待して

乗せてみる・・・うちらと、たいしてかわらないので、早めに却下。

そのうち、広場で徒競走とかして、最後は『ふぉ~』って叫びながら帰っていった・・・

・・・今時の子って・・・






それから、2,3日して

今度は、高校生くらいの少年がスケボーに乗ってやってきた。

この子はなかなか上手かった。膝、上半身の落ち着き、、、

これは期待できる!(先生として。笑)

少年曰く、まだ、1年ちょっとくらいの経験で

スケボーの実力は、スケボー一般人の『並』以下らしいが、

僕らから見ると、十分先生と言えるレベルである。

次々と、TicTac(クネクネ)、Ollie(ジャンプ)など基礎のテクニックを華麗に見せてくれる。



見とれながら、こう考える

『言葉なんていらないんだぁ。体使うクリエイティブなことは、いいコミュニケーションだなぁ』と。。。



すると、少年が口を開く。

『あの、、、

ご夫婦が使ってるスポーツショップで買ってきたボードじゃ、

重たいし、ウィール(タイヤ)回り悪いし、

まっすぐ進まなくなるし、使いづらい。

それに、かっこ悪いからダメだ!』と。。。

わからないから、なんでも教えてくれと言ったので、はっきり言ってくれる。。。

・・・言葉は大切だ・・・

(笑)





そんなわけで、次の日に、早速教えられたお店で、お買い物♪



お~!

たしかに、全然違うよ!(笑)





みんなありがとう!

みんなに出会えるから、教われるし、楽しいよ!



おっさんも、広場の中でやらないっすか?
こっちのアスファルトのほうがまだ綺麗ですよ。

中学生の子達もスケボー持ってまたおいでよ。
競争だぜ!

高校生のあんちゃんたちもまた、たまに来ていろいろ教えてくれ!
頼むぜ、先生!




ストリートの本当にいいところ

ちょこっとわかった気がしたよ。




・・・つづく・・・

まだまだ・・・








:::追記:::
またまたちょっとくどいような話
なので、目が疲れている人
イライラしているはパスで。


最近の子供は外で遊ばないでゲームばっかりしてるってよく聞く。。。

だけど、こうやって、実際に外で遊んでて気づいたんだけど、大人が外で遊んでないよ!

暇じゃない? 大人は仕事してる?
本当にそうかぁ?
俺が言いたいのは、何もクリエイティブなことやってないってことばかりじゃなくて。
本当に本当に1回しかない人生、「大切」にしているかってこと。


日本人は真面目だからさ、ここで野球やりなさいっていったら、草野球するし
ここで、サッカーやりなさいっていったら、フットサルをする。

だけど、どれも形式的で、無いものからの創造的な遊びを考えている人たち、
または、たった1回、一瞬の人生を大切に生きている人たちが、ものすごく少ないような気がしません?

(フットサルや草野球を批判しているんじゃなくて、狭い世界観に固執しているんじゃないの?もっと自由でオープンで創造的なこともあるんじゃないの?「本気」ってそんなにかったるいだけじゃないでしょ!って意味で。フットサルや草野球は、、、実は、UEFA、CL&MLB 大好き。I LOVE CL & ML)

大人が創意工夫して、楽しんでると子供は真似したがるんだよね。
子供なんて、あとは勝手に遊ぶんだから。

でも、創造すること、

一生懸命、好きなことに夢中になること、

人生を大切に生きること、

そんな誰も言葉にしたがらないけど、大事なことを伝えてあげていないと、『熱』は自然では徐々に冷めてしまうように、町全体も、冷めていく。

ストリートカルチャーって、楽しむ心からはじまってて、無いけど、あるものを工夫して、創造することで生まれるんだと思う。
そして、突き抜けた奴がブランドになって、かっこいいんじゃないのかな。

外で遊ばないから、人が集まってこないし、誰にも伝わらない。

ストリートって化学反応が起きやすいんだよ。

本来日本人は、創意工夫や探求が好きで得意な民族なんだから、環境さえしっかりして、楽しむこと、工夫することをちゃんと伝えてあげれば、たくさんの見たことも無いような、才能や人材の花が咲くんじゃないのかな?

アメリカには遊ぶところがたくさんあるんだよね。
バスケコートも、スケートボード場もたくさん。
そして、何よりも道端で遊んでる大人が多い。

確かに貧しさや治安の事もあるだろうけど、『綺麗なだけじゃ何も生まないでしょ』
光もあって影もあるから、美しいコントラストのある作品が出来るんじゃないかな?

日本なりでいいから、人々が集まって一人一人が楽しんで創造できる場所や文化が、もっとたくさんたくさん公共の場にあっていいと思う。


火傷するくらい、熱い街だったら、楽しくてたまらないよ。

そんな特徴ある街が一つくらいあってもいいのになぁ。




コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pikolabo.blog113.fc2.com/tb.php/778-8a9550a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。